アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「雑誌・書籍」のブログ記事

みんなの「雑誌・書籍」ブログ


モリくんのあめふりぴーまんカー

2017/05/27 10:43
コウモリのモリくんシリーズの新作「モリくんのあめふりぴーまんカー」が出ました。モリくんシリーズも6冊目です。
画像


雨の日にドライブに誘われたモリくん。ねずみのきょうだいときつねさんがつくっていたのは、モリくんの苦手なぴーまんで作った車。ぴーまんの臭いも嫌いなモリくんは、鼻を覆って雨の中を探検。

その後水たまりで遊んでいるとモリくんのつばさがぐっしょり。おまけに滑って翼を打って飛べなくなってしまいました。雷でとろけたぴーまんカーを怪我が早く治るようにチャーハンにして、みんなで美味しそうに食べているとモリくんも思わず嫌いなぴーまんを試してみたくなって・・・

ジュンク堂池袋本店8階壁面Gで、6月16日まで原画が展示されています。著者かんべあやこさんのサイン本があったので購入しました。




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ようこそ! 花のレストラン

2017/04/23 22:59
イルカンダの花に来たクビワオオコウモリの写真を提供しました。花粉媒介をしています。

画像




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ヤマコウモリの日中飛翔中の採餌の確認と、気温との関係

2017/04/12 23:30
春と秋には真っ昼間から飛ぶこともあるヤマコウモリ。
採餌をしているので、お腹がすいていたのでしょうか。この季節にしては暖かい日に飛ぶことが多いように思われます。

Keiko OSAWA, Akiyoshi SATO, Setsuko KATSUTA and Yushi OSAWA Confirmation of feeding and weather conditions for daytime flight of the birdlike noctule(Nyctalus aviator) 埼玉県立自然の博物館研究報告第11号(2017年3月24日発行)47-54

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フィールドで出会う哺乳動物観察ガイド

2017/01/22 00:38
写真で協力した本ができました。

画像


注文はこちらから。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


家屋・建物内をねぐらにするコウモリ

2016/12/25 22:09
都市有害生物管理学会に「家屋・建物内をねぐらにするコウモリ」という解説を投稿しました。屋根裏などにすむコウモリは、フンや尿の臭いや、寄生虫、音が気になる、コウモリに対する偏見と無理解などなどから嫌われることが多いですが、コウモリに対する正しい知識を広め、どうしてもいて欲しくないところからはおだやかに出て行ってもらいながら、うまくつきあっていけたらと思っています。

大沢啓子・大沢夕志 (2016) 家屋・建物内をねぐらにするコウモリ.都市有害生物管理6(2): 91-95.


* 著作権は都市有害生物管理学会にあり、利用は著作権の範囲内に限られます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


最近の活動

2016/09/29 21:25
埼玉県立自然の博物館研究報告第10号(2016年3月)に短報
埼玉県におけるヤマコウモリ(Nyctalus aviator)の越冬生態2.越冬地での集散と動態
 佐藤顕義・大沢夕志・大沢啓子・勝田節子
 を投稿しました。

2016年7月31日−8月5日に南アフリカダーバンで行われた第17回International Bat Reserch Conference
Four species of bats which roost in crevices of the raised Shinkansen railway in Japanをポスター発表しました。

2016年9月23−26日に筑波大学で行われた日本哺乳類学会2016年度大会
新幹線高架の隙間に生息する4種のコウモリをポスター発表しました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


うふあがり島

2016/07/15 23:17
うふあがり島とは大東諸島の島々のこと。ダイトウオオコウモリたちとコノハズクが大東島での暮らしを語るイラスト絵本です。
環境省那覇自然環境事務所制作。
画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


コウモリ通信の表紙

2016/07/11 22:43
コウモリの会の会報「コウモリ通信」最新号の表紙は、夕志の「クビワオオコウモリと桜」の写真です。

画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Mammals of Borneo

2016/06/09 23:10
Mammals of Borneoが改訂になったので購入。ぺらぺらと見ていたらメガネザルがホシバネフルーツコウモリを捕まえている絵があった。メガネザルは小鳥と3種類のコウモリを近くを飛ぶときに掴み取りして捕食する報告があると書いてあった。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ビッグ・レッド・テキーラ

2016/03/12 20:32
昨年コウモリの講演をしたときの参加者から、ビッグ・レッド・テキーラという推理小説に、テキサスのコウモリが出てくると教わったので、読んでみた。

画像


主人公はサンアントニオ(ブラッケン洞窟のある町でオースチンから120kmほど南にある)育ちで、10年ぶりにカリフォルニアから故郷に帰ってきた。隣町のオースチンもしばしば登場するが、ハッキングの天才の兄と夕暮れ時に待ち合わせしたのが、150万頭のメキシコオヒキコウモリが出産・哺育するので有名なオースチンのコングレスアベニュー橋のたもとで、事件のカギとなるCD-ROMをまさに渡したときに、"最初の二、三羽の蝙蝠が、二日酔いの雀のように頭上ではばたく"のだ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
身近で観察するコウモリの世界が教材に
身近で観察するコウモリの世界が教材に 「身近で観察するコウモリの世界」の中の文章が、国語ドリルの問題になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/17 18:37
龜山島尋狐蝠記
龜山島尋狐蝠記 4月に台灣のコウモリ研究者たち3人といった亀山島の報告が、台灣の行政院農業委員會特有生物研究保育中心発行の自然保育92に載りました。われわれの滞在許可を取ったり連れて行っていただいた3人が著者です。夕志のタイワンオオコウモリの写真も何枚か使って頂きました。表紙はタイワンオオコウモリの写真とハマイヌビワのイラストの合成です。写真使用料は昨年の台灣コウモリフェスティバルでお世話になった台灣蝙蝠学会に寄付しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/05 20:48
身近で観察するコウモリの世界 Kindle版もあります
身近で観察するコウモリの世界 Kindle版もあります 身近で観察するコウモリの世界にKindle版もできました。Kindle版は1663円です ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/05 22:01
動物 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)
動物 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE) ちょっとお手伝いさせて頂いた本が出版されました。もともとあった講談社の動く図鑑「MOVE動物」を全面的に改訂した新訂版です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/21 20:49
日本のコウモリ民話?
日本のコウモリ民話? アメリカのBat Conservation Internationalのハロウィーンにちなんだ記事で、日本のコウモリ民話や伝承について聞かれたけれど、思い当たるものがないので「コウモリ」という名前の由来にカワハリ、カヲホル、カワモリ説があることを答えた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/09 23:52
赤旗にコウモリの連載をしています
赤旗にコウモリの連載をしています しんぶん赤旗の金曜日「くらし・家庭」のページに「コウモリのいいぶん」という連載をしています。 8月の4回です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/08 14:11
The Wild Mammals of Japan第二版
The Wild Mammals of Japan第二版 写真等で協力したThe Wild Mammals of Japan第二版ができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/23 00:37
口永良部島とオオコウモリの飛ぶ島
口永良部島とオオコウモリの飛ぶ島 今日の読売新聞夕刊1面の「よみうり寸評」で、20年前に出した『オオコウモリの飛ぶ島』の一節が紹介されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/01 23:59
Field guide to African mammals
Field guide to African mammals アフリカのコウモリの資料は少ない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/29 00:42

トップへ | みんなの「雑誌・書籍」ブログ

二人の世界オオコウモリ旅行 雑誌・書籍のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる