Five River Environmental Centerのコウモリと白い鼻症候群

滞在したニューヨーク州オーバニー周辺の洞窟では、2006年2月に冬眠中のコウモリが大量に衰弱死し、その多くは鼻のまわりや翼に白いカビが生えている現象が発見され「白い鼻症候群」と呼ばれた。その後毎年周辺の州へと広がって、何万というコウモリが死んでいて、アメリカ北東部のコウモリは、大々的に減少しているという。

今回ニューヨーク州北部のFive River Environmental Centerという環境教育施設を訪れたのだが、この敷地にあるJones Barnという納屋は別名Bat Barnとも呼ばれて、コウモリのねぐらになっている。2007年夏のカウントでは400頭以上いたコウモリが2008年夏には46頭、2009年6月16日にカウントしたときには30頭だったという。トビイロホオヒゲコウモリとオオクビワコウモリだが、特にトビイロホオヒゲコウモリにこの白い鼻症候群の被害が大きいというから、その影響なのだろう。

これ以上白い鼻症候群を広げないために、アメリカ北東部の洞窟は立ち入り禁止になっている。

画像


日没時に2日間訪れて、最初の日は16頭、2日目は7頭が飛び出したのを見た。どちらのコウモリかは捕獲して測定しないとわからないようだ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

猫屋敷
2009年06月27日 23:21
人間にも夏型過敏性肺炎とか言う、カビが原因の病気がありますよね。家に生えたカビの胞子を吸い込んで、夏風邪みたいな症状になり、酷いときには呼吸困難になるとか言う奴。
コウモリの白い鼻症候群っていうのも似たようなもんなんですかねえ。
あんまり広がらないといいですね。

この記事へのトラックバック

  • 再びFive Rivers environmental education centerへ

    Excerpt: 昨日休みだったFive Rivers environmental education centerへ再びいく ここは2009年に訪れたときに,敷地内に経つ納屋から飛び出すコウモリの観察をしたのだが,.. Weblog: 二人の世界オオコウモリ旅行 racked: 2013-05-07 10:45