アカガニの季節がやってきた

クリスマス島といえば、1億2千万匹のアカガニが、交尾産卵の時期に大移動する光景で有名だ。オカガニの仲間で通常は内陸の森林に住んでいて、雨季のはじめに海に移動して交尾をし、そのあとのメスは発生した卵を大潮の明け方に海に放すという。

産卵は11月と聞いていたので、滞在と重ならないと思っていたのだが、昨日今日と土砂降りの雨が一日に何回も降ったせいか、海に向けての移動が始まった。
カニの移動による道路の通行止め情報版が集落にあるのだが、今朝2つの道が通行止めになっていたので、見学に行ってみた。
画像


Murray Roadという島の集落部から西の方にいく道は、集落に近い部分は道の両側にプラスティックシートのようなものでカニが道路にでてこないようにしてある。シートの裏側はシートを擦ってかさかさと歩くカニの音がする。
画像

人家がなくなったところからは、車は通行止めでカニの天下
画像

画像


これはNorth South Baselineという別の道路だが、道に所々金属グリッドがあって、下はカニがくぐれるように溝になっている。こちらの道路は今日はまだそれほどカニがでていない。
画像


ともあれこれから島はカニの天下。通行止めになる道路が増えると、バードウォッチングやオオコウモリウォッチングで動きにくくなるが、仕方ない。
画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック