Handbook of the Mammals of the World Volume 9

スペインの出版社Lynx Edicionsは鳥を包括的に扱った大冊Handbook of the Birds of the World 16冊組で知られている。 Handbook of the Mammals of the Worldのシリーズも2009年から出版を初め、昨年秋に第9巻のBatsが出版されて完結した。その第9巻に夕志の写真が3枚使用されている。写真使用料はお金でもらうか、一枚につきこのシリーズの本一冊ということで、第9巻を3冊もらうことにした。本日無事到着。24×31cmで4.3kgもある重量級の本が3冊。実は昨日いったん配達されたのに、一日中出かけていて持ち帰った郵便屋さん、ご苦労様です。

透明ビニールで密封された本が一冊ずつ段ボール箱にはいって、更に3冊が大きな段ボール箱にはいって、そして全体がこんな袋に入って、だいぶ遅れたクリスマスプレゼントのようだ。
_1181972.jpg

使用されているのは674ページのユビナガコウモリMiniopterus fuliginosus
690ページのリュウキュウユビナガコウモリMiniopterus fuscus
740ページのアジアコイエローハウスScotophilus kuhlii(台湾の)
下の写真はユビナガコウモリのページ
_1181969.jpg

日本のアマゾンでも¥23245で注文できます。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

ハシブトガラスとオナガ

港区立郷土歴史館「ゆかしの杜」は1938年(昭和13年)に建築された旧公衆衛生院の建物を保存改修した趣のある建物で、コウモリがよく似合いそうなところだ。

あいにくコウモリにはちょっと寒かったようで、飛んだのはハシブトガラスと
20L_1147868暗合成ハシブト.jpg

オナガ。
20L_1147894暗合成オナガ.jpg

もう少し温かくなったら来てみてもいいかも。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

コウモリの釘隠し

日野宿本陣には部屋ごとにさまざまな釘隠しがある。コウモリの釘隠しが4方(とそれ以外)にある部屋が2部屋。
_1057732.jpg
築150年ほどの月日ですり減っていたり、下の金属台だけになっているのもあるが、そこもまた味がある。

欄間の透かし彫りにヒヨドリを発見。よく特徴を捉えていて一目でヒヨドリとわかる。
_1057736.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村


あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

今年はねずみ年、ネズミにちなんだコウモリを探しました。Mouse-tailed batという仲間がいます。オオコウモリと同じ Yinpterochiropteraという亜目に入ります。ただし和名はオナガコウモリでネズミの名はつきません。でも見たことがないので当然写真は持っていません。

ドイツ語ではコウモリはFledermäuse、羽ばたくネズミという意味だという
さてドイツと日本で共通するコウモリは・・・同じ属のコウモリというのはいろいろいるのだけど、同種はヒメヒナコウモリとキクガシラコウモリだけで、キクガシラコウモリはgreater horseshoe batなので午年にとっておくことにして、かなりこじつけだけど、新年のコウモリはヒメヒナコウモリ。
17L_9043728.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村