明るいうちに飛ぶアブラコウモリ

さいたま市でアブラコウモリ観察。昨日は寒かったせいか、1頭も飛ばなかったが、そのかわりなのか、17:28に行ったらまだ日没まで30分以上あって明るいのに1頭飛んでいた。翼が綺麗に透けて見える。
_4078701.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

アライグマ
2021年04月08日 21:52
へー
蝙蝠の膜ってお尻の後ろまであるんだね。
後ろ足の所までだと思っていた。
!!!( ノ─__─)ゝジート見る!!
大沢啓子
2021年04月11日 09:00
まるで展翅した標本みたいでしょう。尾膜は小コウモリのかなりの種類にありますよ。オヒキコウモリみたいに尾膜はあるけれどそこから更に尾が突き出している種もいますが。
アライグマ
2021年04月11日 09:36
そうか、尻尾も膜を作る支柱になっているんだ。
良く進化したものだ。
人間は自分で無理やり進化?して脳の補助のためのメモリーとか演算素子を組み込むんじゃないのかね。増設も可能とか。
攻殻機動隊の世界だな。
(^^;★\(-.-;)