ただの紙切れになったフィリピンの旧札

前回フィリピンに行ったのは2011年。
このとき使い切れなかったフィリピンペソを今回持って行った。

マニラ空港で国内線に乗り換えるのにセキュリティを通ってから水でも買おうと思ったのだが、ATMは外にしかないようだ。前回余ったお金がお札で2220ペソと小銭が多少あるので、売店でボトル入り水を買おうとしたら、これは古いから使えないと言われた。あまりにも予想外の言葉だったので。This is old.といわれたのが理解できなくて、え???という顔をしていたら、現在流通している紙幣を見せてくれた。確かにデザインが違う。
いったん諦めてから30ペソなので小銭で足りるはずだと気がついて、コインを出してみるとこちらは使えた。

ネットで調べてみると現在流通している紙幣は2010年末から流通し始めたので、前回フィリピンに来た2011年1月には両方が流通していたようだが、気がつかなかった。2015年末で旧札の使用は終了、その後も銀行では旧札を新札に交換できたのだが、その交換も昨年末に終了したという。念のため、泊まったホテルの向かいにある銀行に行って聞いてみたが、昨年までだと断られた。

ということで2220ペソがただの紙切れに。フィリピンではかなり使いでのある金額だ。

しかし、新札に替えるときに5年で使用終了、7年で交換も完全終了って・・・

画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

"ただの紙切れになったフィリピンの旧札" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント