モズがアブラコウモリを捕った

夕暮れ時に、真っ先にでてきた最初の1頭のアブラコウモリを観察していたら、モズが襲撃。2回失敗して、3回目には捕まえ、近くの枝にとまった。どこにとまったか探しに行ったら近づきすぎてしまい、アブラコウモリを持って飛んでいってしまった。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

カイガラムシの付いた月桂樹の葉を吸うメジロ

メジロが庭の月桂樹の葉の表面を吸っているように見える。以前からこの月桂樹にはカイガラムシがついて、葉っぱがすす状になって、洗わないと料理に使えない状態だったのだが、甘露を出しているのだろうか。
22N_2145346.jpg

カタカイガラムシの仲間らしいと教わった。
22N_2145412.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

飛行機

アブラコウモリは寒いときには、出巣が遅くなるようで、明るい内に飛んでくれない。
代わりに飛行機を。
22P_2153731.jpg

軍用機ファンが写真を撮るスポットだったようで、カメラを向けている人がたくさんいる。
22P_2163755.jpg

22P_2163818.jpg

こちらはいろいろな飛行機が通るなくらいしかわからないけど。
22P_2163940.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

パプアニューギニアコウモリ旅行

http://doubutsu-no-kuni.net/?p=42109
「どうぶ.net.net」で、世界コウモリ旅行を連載しています。会員制の有料Webですが、たぶん掲載されて24時間くらいは無料で見られるはず。毎月15日頃アップの予定。
現在Vol.53パプアニューギニア編です。2002年の暮れに行きました。コロナで新しい旅行がないのが残念。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

オリンパス広角レンズ写真展終了しました

1月20日-31日のオリンパスプラザ東京における広角レンズ写真展終了しました。
来ていただいた方、ありがとうございました。

21N_9209863明合成.jpg

2021年9月20日の夕暮れ直後の西の空の約40分間の飛行機や国際宇宙ステーションの光跡、団地や車の光、星、そしてアブラコウモリと盛りだくさん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

南大東島から見つかったキクガシラコウモリの仲間とユビナガコウモリの仲間の痕跡

南大東島には現在コウモリの仲間はクビワオオコウモリの亜種ダイトウオオコウモリしか生息していませんが、かつて小さいコウモリがいたという話は聞いていましたし、星野洞からキクガシラコウモリの仲間の残骸が見つかっています。

Conservation paleobiology on Minami-Daito Island, Okinawa, Japan:anthropogenic extinction of cave-dwelling bats on a tropical oceanic island
Yuri Kimura​, Dai Fukui, Mizuko Yoshiyuki, Kazuaki Higashi


今回星野洞ともう一つ私有地の洞窟の調査が行われてキクガシラコウモリの仲間とユビナガコウモリの仲間の残骸も見つかりました。コウモリの骨の炭素の分析からC4植物に由来するものが見つかり、南大東島には在来のC4植物はないので、人間が入植してサトウキビ栽培を始めた1900年以降にもこれらの小コウモリが生息していたと分かります。聞きこみから1950年代くらいまで生息していたのかもしれません。

画像は2016年の調査にわれわれが参加したときのものです。ユビナガコウモリの残骸
16k_1133609.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

オリンパス広角レンズ写真展

今日(1月20日)から31日まで、オリンパスプラザ東京で下記の写真展があります。
私も1枚出展しています。左側の壁の上段いちばん右です。
2021年9月20日の夕暮れ直後の西の空の約40分間。飛行機や国際宇宙ステーションの光跡、団地や車の光、星、そしてアブラコウモリと盛りだくさんの1枚です。
https://www.facebook.com/photo/?fbid=414978980414328&set=a.195412989037596


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

あけましておめでとうございます

今年こそは世界オオコウモリ旅行の続きを・・・したいところですが、少なくとも国内コウモリ旅行は少しはできるといいですね。

SNSのタイムラインは、虎だのトラツグミだのトラフズクなどで賑わってますが、トラコウモリというのはいないもので、馴染みのクビワオオコウモリがご挨拶です。

21P_C129947.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

リュウキュウバショウの花蜜を舐めるクビワオオコウモリ

海外ではバナナの仲間の花にくる花蜜食コウモリを見るが、日本では初めて。リュウキュウバショウの花蜜を舐めるクビワオオコウモリ。

最初見たときに雄花の花弁が開いてない別の花にしがみついていたので、何をやっているのかと思った。毎晩新たに開いた花弁の下の雄花から蜜が出るので、一つ一つ花をチェックしているようだ。

_C200283.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

トックリキワタの花の蜜を舐めたクビワオオコウモリ

トックリキワタの花蜜を舐めて回っているクビワオオコウモリに、黄色いカチューシャのような模様がついている。花蜜が花の奥にあって、顔を突っ込んで舐めるのだが、その際長く突き出したおしべの花粉がついたのだろう。トックリキワタの花を舐めていると、多少なりとも花粉が顔に付くものだけど、これほどきれいに一定の距離にぐるりとついている個体は初めて見た。花粉媒介に役に立っているのかな。

_C135007.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村