タコノキの実をもぎとって運ぶマリアナオオコウモリ

昨年秋の台風の影響で、タコノキの仲間の実くらいしか食べるものがない。
ちょうど熟れた実があると次々とマリアナオオコウモリがやってきて、次々ともぎ取って立ち去る。



安心して食べられるところに持って行って、オレンジ色に熟した根元の部分を囓る。



通りかかった個体が興味を持ったようだが、「あげないからね!」


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村




タコノキの実をくわえて飛ぶマリアナオオコウモリ

昨年の台風の後食べられる野生の果実が少なくなって食糧不足と思われる。現在もっぱらタコノキの仲間の実に頼っている。集合果実で、一つ抜き取ると匂いが広がるのか抜きやすくなるのか、次々とオオコウモリが集まってくる。喧嘩にならないように抜き取ってくわえて別の場所で食べることが多いようだ。

画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

アカアシカツオドリから魚を奪うグンカンドリ

ロタ島のアズマンモスという海岸にて。

目の前でグンカンドリ(たぶんコグンカンドリ若鳥)2羽がアカアシカツオドリを追い回していた。
画像


アカアシカツオドリは空中で魚を吐き出して逃げていく。画面下の方のグンカンドリのすぐ前に落ちていく魚が写っている。
画像


このあと片方のグンカンドリが急降下をして水面に落ちた魚を拾っていった。
画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

ロタの鳥

ロタは相変わらず南国海鳥の天下。

シロアジサシは海辺にも森にも普通にいる。
画像


サガガガ岬というバードサンクチュアリの展望台の下にコロニーがあるアカアシカツオドリは、風に乗って目の前までよくやってくる。
画像


オウチュウは移入種だけど、島中で大きな顔をしている。
画像


ミクロネシアミツスイのオスは鮮やかな赤色。
画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

台風とタコノキの仲間に来たマリアナオオコウモリ

Division of Fish and Wildlifeのコウモリ研究者の話では、昨年の台風で本来のコロニーがみな解散して島中にコウモリが散らばって、餌も足りないためあちこちで見られるようになっているようだ。

今日も真っ昼間から飛ぶマリアナオオコウモリの姿を何度も見た。タコノキの仲間の実を食べるオオコウモりをじっくり見ることができて嬉しいけど、こうやって低いところのパンダヌスの実を食べに降りてくるようになっているのも台風の後遺症のようだ。

実はかつて90年代に7回この島に通っても、マリアナオオコウモリがとまっている姿を見たことが一度もない。ましてや採餌している姿も見たことがない。

画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

20年ぶりのマリアナオオコウモリ

20年ぶりのロタ島は、昔よりお店もレストランもだいぶ減って、もうやってないホテルの廃墟もあって、ちょっと寂れた感じ。
ただマリアナオオコウモリは昔はけっこう見つけるのに苦労したのだけど、初日からあちこちで飛ぶのをみた。
個体数が増えたせいか、それとも昨年の台風で餌が足りなくて探し回っているのか。
画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

20年ぶりにロタ島へ

グアムとサイパンの間にあるロタ島は、日本から3時間半+30分ほどで手軽に訪れることができ、観光地であるグアムやサイパンとは対照的に静かで気に入って、バードウォッチングやマリアナオオコウモリの観察に90年代に6回も通って本まで出してしまった。

その後飛行機の便が悪くなって、行きづらくなったようだが、20年ぶりくらいに変貌を見にいく予定。

写真は20年前のマリアナオオコウモリ。台風が来ると山に餌がなくなるのか人里に現れては密猟にあうということが何年かに一度繰り返されているが、まだ見られるだろうか。
画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

入水鍾乳洞

福島のあぶくま洞と入水鍾乳洞へ。

入水鍾乳洞では、まだ午後2時頃なのにコキクガシラコウモリがさかんに入り口から出たり入ったりしながら旋回していた。2頭が追いかけっこをしているように見える時もある。入り口近くに別の小さな洞窟出口が少なくとも2カ所あってそちらからも時々コキクガシラコウモリがでてきては旋回して引っ込む。

洞窟の中ではキクガシラコウモリがぶら下がっているのしか見なかった。出てきてからもずっとコキクガシラコウモリが入り口で旋回しているので、写真を撮る。
画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

もっとしりたい日本とキューバのコウモリ

東北大学生命科学研究科・東北大学総合学術博物館 共同小企画展「もっとしりたい日本とキューバのコウモリ」に行ってきた。

博物館の中の一角が洞窟風に
画像


天井からぶら下がるたくさんの折り紙コウモリは、各色がそれぞれ別々のコウモリ種を表して、洞窟の入り口近くや奥に住むものがいることを説明するものだ。ちょっとわかりにくいけど、入り口を入ってすぐのパネルに説明がある。
画像


日本とキューバ、住んでいるコウモリの種類は全く違うけど、洞窟に住むものがいて植物に住むものがいて家屋に住むものがいて、昆虫食のものがいて、果実食のものがいてと共通の生態を持つものが並べられている。
画像


11月25日(日)まで開催しています。月曜日は休館です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

お話会「吸血鬼なんかじゃない! コウモリの世界・世界のコウモリ」

八王子のnature cafe & dining bar Hidamariで10月6日(今週の土曜日)13:30〜15:00にコウモリのお話会をします。講演後懇親会、更に天候が悪くなければ終了後近くの川原でコウモリをみたいと思います。

日時:10月6日(土)13:30〜15:00
(13:00から入れます)
※天候・条件などによりますが、希望者の方には
トーク、懇親会終了後17時過ぎより近場での
コウモリ観察会を予定しています。

会場:nature cafe Hidamari
東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F
042-621-0292
https://www.facebook.com/Nature-cafe-dining-bar-Hidamari-136384733691913/
参加費:1000円(おやつ・飲み物付)

予約はcafe@liferbird.comまで。

画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

もっとしり たい日本とキューバのコウモリ

東北大学生命科学研究科・東北大学総合学術博物館 共同小企画展「もっとしり
たい日本とキューバのコウモリ」


生命科学研究科のキューバからの留学生、リダ・サンチェス・サンチェスさんが
企画した日本とキューバのコウモリ展示が、2018年10月2日から11月25日まで、理
学部自然史標本館二階企画展示スペースで開催されます。ワークショップもあり
ます。

われわれも写真で協力しました。

会場:東北大学理学部自然史標本館
期間:2018年10月2日(火)~11月25日(日)
休館日:月(月曜日が祝日の場合は祝日開けの翌日が休館)

ワークショップ(参加には入館料がかかります)

コウモリたちとハロウィン ハロウィンに合わせてコウモリの小物を作ろう
10月14日(日)、28日(日)
1回目14:00~14:30、2回目14:30~15:00、3回目15:00~15:30
各回先着10組。当日、受付で整理券を配布。

おりがみの日にコウモリおりがみ! おりがみでいろいろなコウモリを折ってみ
よう。
11月11日(日)
ひとり15分程度。午前の部 10:30~11:30。午後の部13:30~15:30
画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

ネグロス島の鳥

だいぶ前のことになってしまったけど、フィリピンのネグロス島で見た鳥。

オオコウモリ観察場となっている渓谷の橋の下に営巣していたシロハラアナツバメ Collocalia esculenta
画像


観察場の近くの道沿いで見たのはヤハズカンムリオウチュウDicrurus balicassius
フィリピン中部の亜種Dicrurus balicassius mirabilisは腹が白い。
画像


敷地にあるボート池の上を通るもとジップラインだったワイヤーによくとまっていたナンヨウショウビンTodiramphus chloris
画像

画像


タイヨウチョウかなと思ったけど・・・
画像


ゴキブリを捕まえていたのは誰だろうか。
画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村