テーマ:国内(オオコウモリ以外)

ハラビロカマキリの幼虫

名護をレンタカーで走っていたときに、勝手に乗っていたヒッチハイカー 町はずれのショッピングセンターの駐車場で発見。その前に名護市役所でオオコウモリのペリットなどを探していたときに乗ったのかもしれない。このあと名護市役所に寄って、降ろしてあげた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノヤギ

ノヤギ対策をしている島では、思ったよりも順調にノヤギ駆除が進んでいるらしい。ただ、問題もあって、ノヤギを駆除すると外来種のギンネムが増えたり、クマネズミなどのより小さな外来種が駆除しにくくなったりするらしい。 父島では、農作物対策として、一部駆除しているようだが、まだ本格的な対策は、始まっていない。ノヤギ、クマネズミ、グリーンアノ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小笠原の動物たち

小笠原では携帯電話によるネット接続がうまくできなかった。理由は不明。Docomoの電波はFomaもMovaもある。衛星を経由するのだと思うが、島内同士で話していても、テレビの海外からの衛星中継みたいに、会話にタイムラグがある。 母島ではネットが使えずに過ごした。父島では情報センターというところで一時間200円で、持ち込みでも備え付…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グリーンぺぺ

明るいところで見ると、ただの白っぽい小さなキノコ。夜の闇の中では神秘的に緑に光るグリーンぺぺ。 ずいぶん前に教わった場所なのだが、すべった跡があったり、傘がとれたキノコがあったりしたけど、今でも健在。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

父島に入港する船

東京港竹芝桟橋と父島二見桟橋を結ぶ「おがさわら丸」。だいたい週に1回往復していて、同じ便で行って帰る観光客が多いので、「おがさわら丸」が東京に向かっているときの父島は静かだ。 母島と父島を行き来する「ははじま丸」は、現在ドック入りしているので、この「ゆり丸」が、代わりを務めている。最近母島に一泊とかするツアーも結構あるのに「は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロアリ大発生

オオコウモリを見に夕方でかけたら、外灯にものすごい量の虫が集まっている。どうやら今夜はシロアリの結婚の日だったらしい。半端じゃない量が飛んでいる。 外灯の下には、そのシロアリを食べに来たオオヒキガエルがたくさん待機している。夜型のイソヒヨドリも一羽混じってさかんに食べていた。 シロアリは島中で発生しているよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツバメチドリ

バードウォッチングはあまり熱心にやってないが、母島では港で夏羽のアカガシラサギを観察した。 草のグランドでは、ムナグロとともにツバメチドリも4羽、運動会をしていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイザルアサは人気者

サイザルアサが好きなのはオオコウモリだけではない。昼はメジロやヒヨドリが良く来ているし、夜ライトをあてると赤く光る目が見えるのは蛾が来ているのだ。 そしてクマネズミも花茎をよじ登ってやってくる。オオコウモリが先に来て蜜を舐めているサイザルアサにクマネズミが登っていくのを見たことがある。途中まで行ってオオコウモリに気がついて遠慮した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネコ除けフェンス

オーストラリアには外来種のウサギが進出しないようにウサギ除けフェンスとか、家畜の補食をするディンゴの進出を除けるためのディンゴフェンスとか、大陸全体を遮るという、スケールの大きい話がいろいろあったが、スケールが大きいわりに、手入れが行き届いていなくて、フェンスが完成する前にウサギは西に進出してしていたりした。 小笠原の母島の南崎は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャコウアゲハ

ツバメの写真が欲しいと思って、近くの入間川の河原に行ってみたけど、なかなか思ったところを飛んでくれないので諦める。 かわりにジャコウアゲハを撮る。画像は両方ともメス。オスは動きが速くて撮りにくい。 ウマノスズクサに産卵しているところ 今日は遠足日和らしい。小学校が二校と幼稚園も来ていた。お昼頃から雨が降ってきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の住人、ニホンヤモリ

猫の額ほどのマンションの専用庭に、花壇をつくったり、野菜を植えたりしている。 カナヘビはよく見かけるのだが、今日はニホンヤモリを見つけた。 窓ガラスにも平気で張り付く その秘訣は、足指の裏側の指下板 ミールワームをピンセットでつまんで目の前に見せたけど、食べたくないらしく後退していった。
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

あらかわビジターセンターの閉館

今日で、秩父市荒川にある「あらかわビジターセンター」が閉館になる。地元と連携した環境教育の活動を進めていただけに、とても残念だ。知事も「みどりの再生」をうたっているようだが、このような場所が拠点となるはずなのに、なぜ流れに逆行するするようなことがおこるのだろう。 近くの弟富士山遊歩道では、カタクリが咲き始めた。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川越観光

川越に住んでいても、いったことがない川越名所もたくさんある。今日は喜多院の中にある江戸城から移転したという建物に入ってみた。 春日局の化粧の間がある書院の遠州流庭園にには、ドバトだろうか鳥の羽が散らばっていた。ここで殺生をしたやつがいるらしい。 三大将軍家光誕生の間がある客殿の庭では梅の花が満開、蜂が盛んに来ていた。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

伊佐沼

新しいカメラの試し撮りに川越の伊佐沼へ 観察したのはカイツブリ、カワウ、ホシハジロ、コガモ、カルガモ、モズ、スズメ、ヒヨドリ、ダイサギ、アオサギ、コサギ、ヒドリガモ、ウグイス ダイサギは小さな魚をさかんにとっていた。 池の北にある農業ふれあいセンターでは、「農業ふれあいセンターまつり」が行われていた。ふかしいもなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八国山へ

いい天気に、八国山周辺を散歩する。 お昼ちょっと前にのんびり家を出て、東村山から歩いて「四季の花」で「はちこくご膳」と「まんてんご膳」のお昼。 黄桃と小豆の寒天寄せとコーヒーに、サツマイモの甘く煮たのも出してもらってボリューム満点。 煮物と和え物に入っていた、お庭のハヤトウリと柚をいただく。 どういうわけか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

伊香保温泉と蝙蝠柄の羽織

群馬県の伊香保温泉に一泊で行く。高速を降りてから立ち並ぶ水沢うどんのお店に、行きと帰りに一軒ずつよってみた。 三升屋のうどん なぜか啓子のうどんにだけハート型のうどんのかけらが2つ入っていた こちらは山源のうどん 伊香保周辺の森の散策路を歩いていたら、ジネズミの死体が落ちていた。外傷はないようだが、どうしたのだろ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

川越まつり

昨日今日は、地元の川越まつり。天気に恵まれたせいかお客さんも多く賑やかだ。 本川越駅前から北の昔の町並みまでがお祭りの中心で、山車や露店が並び、通行止めにした道にはお客さんがあふれる。駅前の5mくらいの低い街路樹にムクドリのねぐらがあるのだが、昨日は下界の騒音に負けじと高いところからムクドリの声が聞こえる。見上げるといつもの低い街…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒナコウモリサミット

8月4日(土)ー5日(日)に青森県七戸町中央公園で、全国ヒナコウモリサミットが行われた。 4日は台風が近くを通過中でどうなるかと思われたが、サミットが始まる午後には雨も上がり風もほとんど無く穏やかな天候に恵まれた。 4日午後は、屋内スポーツセンターで行われた。 「コウモリとは」は、一般向けのコウモリという生き物の特徴を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クビワコウモリ、コウモリフェスティバル

乗鞍高原にクビワコウモリを見に行く。ノーススターというロッジに宿泊。クビワコウモリはこの屋根裏にすんでいる。夜7時過ぎにロッジ脇の道に突っ立って建物の裏側を見ていると、屋根と壁との隙間などから80頭くらいが次々と飛び立っていった。 今年の7月21日、22日には、乗鞍自然保護センターでコウモリフェスティバルが行われる。 【…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今後のブログについて

現在オーストラリア旅行の資料を整理したり、原稿を書いたりしています。旅行中ほど自然観察ネタがないのですが、ブログは今後も週に一回くらいは更新したいと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more