テーマ:国内(オオコウモリ以外)

キイレツチトリモチ

名護オオコウモリ撮影の番外編 オオコウモリのペリットを探しに昼間名護中央公園に行ったときに、奇妙なものを見つけた。キノコだろうと思ったけどホコリタケの仲間にしては胞子を出すようすがない。家に帰ってキノコの図鑑を見たけど該当するものがない。キノコはハンディ図鑑しか持ってないので、ネットで検索をしていたら見つけたのが、「キイレツチトリ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウィークリーマンション

やはり日程に余裕があった方が撮影はしやすい。天気はこちらでコントロールできないし、花の開花も気温によるので年によって違うけど滞在期間が長ければ開花が進むし。更に海外など初めての場所だと、2,3日滞在してから、やっとどこへ行けばどんな動物が見られるか情報が集まってくることが多い。インターネットの時代になっても、現地にコウモリに関心がある人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒカンザクラカフェのお客さん

桜にはオオコウモリの他にも鳥や虫がいろいろ来る メジロはどこでも常連 カラスはシークヮーサーの方が好みらしい 関係ないけど近くの電線にいたサシバ 蜜を吸いにきたクロアゲハ ミツバチは花粉をせっせと集める 番外は突然の訪問者の激増で獲物が増えたジョロウグモ
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ムラサキツユクサのおしべの毛

ムラサキツユクサといえば、葉の気孔の観察やおしべの毛の原形質流動、花粉管の発芽など高校の生物教員だった身にはなじみ深い。花は午前中に咲いて晴れた日は午後には閉じてしまうので、午後に生物の授業があるクラスには使えないのが難点だ。曇りの日には午後まで咲いているが。 2番目に勤務していた高校では、近くの農家が庭にたくさん植えていたので、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

水の上を歩くカナヘビのクローズアップ

先日の歩くカナヘビの画像のクローズアップです。同じ画像ですけど。 後ろ足だけで水面につったって歩くバシリスクと違って、4本の足全部が沈んで、体もかなり沈んでいます。だから水中を泳いでいるに近い歩き方なんでしょうね。ただ、カナヘビの大きさからするとこの花器はかなり深いですから、底に足はついてないと思います。 バシリスクにな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カナヘビは水の上を歩く

我が家のマンションの専用庭には、以前は手作りの小さな池があったたのだが、蚊の巣窟にならないようにオーストラリアに一年行く前に水をぬいてしまった。かわりに今は、花器に水を入れておいてある。 晴れて乾燥している日など、近所の鳥たちの貴重な水場になっている。今日はカナヘビが来て、水を飲んでいた。「バシリスクは水の上を走れるんだぞ。おまえ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノミハニワゴケ?

我が家の庭(マンションの専用庭)のフェンスの外には管理用の通路がある。ここは更に日当たりが悪くて、コケやシダの天下だ。 ここに生えているのは、ノミハニワゴケかなと思われる(1ヶ月ほど前) 今日。朔の先端が割れているように見えるのは、胞子を出した後なのだろうか アップにしてみた。カメラだけフェンスの外に出して撮影。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンガサゴケ

一ヶ月ほど前にアップした、我が家の庭のジンガサゴケ 今日見てみたら、雌花の裏の朔が膨らんでいた。受精して胞子ができたようだ。 採集してつついてからファーブルで覗いてみると、朔が破けて胞子がでてきてた。息を吹きかけると弾糸がもぞもぞと動く。画像は、雌花の裏側。顕微鏡写真が撮れないのが残念。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トックリキワタの種

12月ころピンクの花をつけてオオコウモリをひきつける、街路樹のトックリキワタが、今は種のシーズン。瓜のような実がはじけるとパンヤがでてくる。 風で飛んで落ちたのを見ると、種が一粒ずつついている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワサキクサゼミ、サキシマカナヘビ、アマサギ

なかなかオオコウモリには思うように会えないのでその他の動物たち 早々と蝉の声がする。すぐそばの低木から確かに声がするので一生懸命探したら、2cmほどの小さなイワサキクサゼミだった。想像していたものよりずっと小さくてなかなか見つからなかったのだが、気がつけば何匹かいた。 サキシマカナヘビは鮮やかな緑色だ 刈り入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の観察

22時過ぎになってやっと雨が上がったのででかける。雨上がりで山ほど出てきたかたつむしをあちこちで踏んでしまう。 雨の日はヘビも元気、サキシママダラが道路に出てきたのを2回みかけた 地面をポツンと小さな光が横切っていったらオオシママドボタルの幼虫。ストロボをたくとなんだかわからないけど、尾のところに2ヶ所光る部分がある。オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュウキュウコノハズク

ヤエヤマオオコウモリは、やっと赤ちゃん連れのメスが見られた。まだ生まれたばかりといった感じの小さいのが、腹にしがみついていた。 リュウキュウコノハズクは声はいたるところでするけど、姿を見かけるのはアオバズクが圧倒的に多い。アオバズクの方が街灯の近くとかで採餌することが多いせいかもしれない。 やっと撮れたリュウキュウコノハズク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼間のオオコウモリ他

昼間、米原のヤエヤマヤシ群落にいってみた。 眠るオオコウモリを見つける 眠るアオバズクも見つけた。真下で写真を撮っていたら目が覚めたようだ 真栄里ダムへいく道にはサキシマツツジが咲いていた。もう盛りは過ぎたようだ。 夜オオコウモリを探して県道79号を走り回っていたら、ヤエヤマイシガメに遭遇。 車にひかれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石垣島の動物たち

近くの河口にサギ4種がやってきた。ダイサギ、クロサギ(白タイプ)、コサギ、アオサギ。各種代表選手だ。 今日はカンムリワシの成鳥に出会った。決まったとまり場があるようだ 夕方でかけようとしたら、泊まっているウィークリーマンションの前を2頭の小型コウモリが飛び交う。45kHzのFM音であるところからしてアブラコウモリだろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アオバズク、カンムリワシ、シジュウカラ

オオコウモリの姿はちらちらと見るものの、なかなかまとまっているところがない。今時はどんな餌を食べているのだろう。 夜はアオバズクが賑やかに鳴いている 昼間はカンムリワシに出会った。若鳥なのでずいぶん白い こちらのシジュウカラは、頬の白い模様が本土の奴よりも小さくて、全体が黒く感じる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミカヅキゼニゴケの無性芽器

本日の我が家の庭のコケ ミカヅキゼニゴケの無性芽器かなと思われるものがあった。三日月型の中に見えるのは、無性生殖のむかご。ミカヅキゼニゴケは地中海沿岸原産で帰化種だそうだ。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジンガサゴケ?

我が家のコケ庭シリーズ続き アップでよく見るとなかなか美しい。ジンガサゴケかゼニゴケの仲間かな? 今日は別の種類のハナアブがさかんに来ていた。日なたにいると暖かいけど、気温はけっこう低いので、頻繁にとまってひなたぼっこをしている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャゴケ

マンションの小さな専用庭の南半分は、前の家の日陰になっているせいか、シダやコケが多い。 久しぶりにファーブルを出してのぞいてみたら、葉状体の表面にベンゼン環のような模様が見える。ジャゴケかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水元公園

10年ぶりくらいに水元公園へ 湿地からクイナが出てきた。珍しい鳥ではないけど、姿をしっかり見たのは久しぶり 都市公園にしては野良猫が少ないなと思っていたら、一番端の水元かわせみの里周辺にたくさんいた。カラスはそばに落ちているお菓子が欲しかったようだが、ネコは全く無頓着 帰りに同じ場所を通りかかったらネコは6匹に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南大東島海岸植物群落

南大東島の海岸線は断崖絶壁で、海水浴ができる自然の海岸はないけれど、島の東側の海軍棒と西側の塩屋海岸に、それぞれ波打ち際の岩をくりぬいてつくったプールがある。 これは海軍棒のプール。魚が泳いでたりして太平洋と一体化した気分が味わえそうだ。 周囲の岩では海岸植物群落が見られる。これは沖縄の海岸によく見られるモンパノキ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホエールウォッチング

クジラが見られたとの情報を得て、島の北にある港へ行くが通過したあとだった。泳いでいった方を追いかけて島の西へ回る。西港で追いついて、少なくとも2頭のザトウクジラが沖で潮を吹いたり尾で海面を交互にたたく様子が見られた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あぶくま洞

福島のあぶくま洞へいく。キクガシラコウモリやコキクガシラコウモリが生息していて、夏なら観光洞として公開されているところにでてくることもあるようなのだが、冬眠中は見えないところにいるようだ。洞内は一年中15℃だとのことで2月にしては暖かい。どこか寒いところに引っ込んでいるのだろう。 本物のコウモリには会えなかったが、売店にはコウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御山からの展望、渡ってきたアサギマダラ、オオコウモリ撮影

悪石島最高峰の御山に登る。標高はわずか584mだが、本土の山なら麓もそれなりの標高からスタートするのだが、島の山というのは、海抜ほとんど0mから登らなくてはならないので、けっこう厳しい。ちなみに十島村最高峰の中之島の御山(979m)は、今回の滞在中は途中まで登って挫折した。2時間かけて登った頂上は、360度の展望がすばらしく、多少ガスっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュウキュウアサギマダラの越冬

悪石島は、トカラの島では珍しく、港が湾になっているので、比較的穏やかなことが多いようだが、今日は風も強くかなり時化ていた。今朝の上りのフェリーとしまは、大きく揺れながら出航していった。揺れるせいか年末で荷物が多いのか荷物の積み込みにかなり時間がかかって、なかなか出航しないので集落から様子を見に来た人がいたくらいで、あちこちで遅れが積み重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪石島へ

フェリーとしまの今度は下り便(鹿児島発奄美大島行き)に乗って、このあいだまで滞在した平島、諏訪之瀬島を通って3つめの悪石島に降りる。トカラの島々をめぐるには、フェリーのスケジュールに合わせて上ったり下ったりしないとならない。中之島を出た朝7時過ぎには、朝焼けがきれいだったが、悪石島に降り立った11時ちょっと前には雨が降っていた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日は雨

午前中ドライブしていたら、交通事故にあったシロハラクイナに遭遇、カラスがつついていた。 死んでいるとはいえ、車につぶされてぺったんこになるのはかわいそうなので、写真を撮った後道の脇に寄せておいたら、帰りには少し手前に出ていたような・・カラスが動かしたのだろうか。 ヒメコバチに寄生されたデイゴが目立つ デイゴの花は蜜がたくさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の庭の住人

マンションに狭い専用庭にもお客さんが結構来る。 テラスの目の前にある百合の葉を食べてさなぎになったルリタテハ 今日蝶になって飛んでいった。これから寒くなるのに無事成虫越冬できるかな 9月に山口やタイに行って留守にしている間に庭のパセリと三つ葉を丸坊主にしてしまったキアゲハ 境界の木の剪定とともに消毒をするとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋芳洞でバットウォッチング

哺乳類学会のフィールドトリップで秋芳洞とコウモリ穴にいく。 秋芳洞ではユビナガコウモリを、コウモリ穴ではコキクガシラコウモリが見られた。 案内板にもコウモリが このあたりではコウモリの化石もたくさん出土している ご当地キティちゃんも、コウモリバージョン
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンギンの食事

今年は国際カエル年なので、あちこちの動物園や水族館でカエルの企画展をやっている。 葛西臨海水族園では、水族園のなかで「ケロロジー」と名付けてカエルグッズの解説したコーナーがあった。カエルの登場するコマーシャルがみられる。(このコーナーは8月31日で終了) 水族園入り口近くの淡水生物園では「TOKYOカエル騒ぎ」という企画で東…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more