テーマ:

シマキンパラ

なんかのっぺりしたスズメだなと思うと・・・ シマキンパラ(アミハラ)の群れだった。沖縄南部ではけっこう見られた。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イソヒヨドリのペリット

沖縄はそろそろ桜の時期のはずだったが、ここのところ寒いせいか先月とあまり変わりなく、ここ南部ではまだほとんど咲いていない。他の餌もあまりいいのが見つからず、今日はなんと一頭も見ることができなかった。 昼間オオコウモリのペリットを探し歩いていたら、イソヒヨドリが目の前でペリットを吐き出した。 撮影していたら、ペリットの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒヨドリはきれい好き

雪で埋まっていた花器を掘り出して、水を入れてあげたら、さっそくヒヨドリカップルが水浴びに来た。 定員1羽なので、もう1羽は杭の上で順番待ち。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電線からぶら下がるミヤマガラス

最近は全国で見られるようになったミヤマガラスではあるけれど、やっぱり九州には多い。刈った後の田んぼやそばの電線に200羽くらいが群れている。 ふと気がつくと、電線から逆さまにぶら下がっている奴がいる。いったん元に戻ったけど、同じ個体が再び電線でひっくりかえって、今度は何十秒もそのままの状態で静止した。特定の個体がやるようだが、遊び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アブラコウモリを食べに来たハヤブサ

近所にアブラコウモリが群れ飛ぶ川がある。まだ明るさの残っているうちにチョウゲンボウやハヤブサがよく来てアブラコウモリを捕まえては鉄塔の上や団地のアンテナの上で食べている。 今日もハヤブサが一頭、アブラコウモリがまだ出てくる前から来てキョロキョロしている。最近かなり暗くなるまでアブラコウモリが出てこない。 無事捕まえたのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパームーン

今日はスーパームーン 近くの遊水池から観察。 池にはサギのコロニーがある。 カモはまだカルガモしかいないようだ。 アブラコウモリは夏と比べてずいぶん減った。 まだ冬眠するわけはないので、どこか別の場所に集まっているのだろうか。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龜山島狐蝠紀行4

目の前の草地ではビンズイをよく見かけた。 アオジもよく来る。 池にはコサギとアカガシラサギとアマサギが来る。これはアカガシラサギ。 シロガシラもよく見る。 カササギがたまに通りかかる。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オガサワラヒメミズナギドリではなかったミズナギドリ

先日の講演会でオガサワラヒメミズナギドリの話を聞いた。 ミッドウェー環礁で採集された標本を改めて鑑定したら新種だったということで2011年に記載されている。 小笠原諸島でも1997年以来死体で見つかった小柄なミズナギドリを鑑定したら、このミズナギドリだったということで和名はオガサワラヒメミズナギドリになっている。 2005年には生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオバズク、リュウキュウオオコノハズク

オオコウモリが来るのを待っていたら、カサッという音とともに枝の上に止まったやつがいた。 アオバズクは沖縄では留鳥だ。 アオバズクがいってしまってからしばらくするとまた枝にとまるやつが リュウキュウオオコノハズクも留鳥 クビワオオコウモリと似たような声を出すこともある。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥いろいろ

オオコウモリに一頭しか出会えなかったので、バードウォッチングを。 芝生をのこのこ歩いていることといい、尾の隅の白斑が見えないことといい、悩んだのだが、若いシロハラのようだ。 沖縄のシロハラは本土のと性格が違うのだろうか。 同じく芝生にいた不明なツグミの仲間。 首の周りに赤身がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロを捕った野猫

名護中央公園には猫がたくさんいる。 そのうちの1匹が何かくわえて歩いて行くので双眼鏡で確認してみたら、 なんとメジロだった。 もう動かないのに放り投げては飛びかかったり前足ではたいて飛ばしたりと、遊んでいた。 食べないのに殺すのが猫のやっかいなところ。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイタカシギ ダイトウオオコウモリ

丸い小さな貯水池を今回初めて見た。島のあちこちにある。黒いシートがカバーになっているのだが、その上にだいたい雨水が貯まっている。こんなところに何か餌があるのか、セイタカシギが2羽いた。 雨風もだいぶ収まってきたというのに、今日はオオコウモリをあまり見かけなかった。日没直後に大東神社を何頭か飛び回っていたのを見ただけだ。ダイトウオオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白いカイツブリ

南大東島には、われわれが観察を始めた80年代から白いカイツブリが何羽か見られていた。もうとうに代替わりしただろうけれど、今でも白いカイツブリが見られる。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオコウモリがビロウの花茎を齧ったあとには

南大東島は、ビロウの花のシーズンだ。 クビワオオコウモリはまだ若くて花が開く前に、この花茎を齧って落としてしまう。切り口からにじみ出てくる液が大好物なのだ。サトウヤシなどはこの花茎の液を集めて煮詰めて砂糖にするくらいだから、甘いのだろう。切り口を更にガシガシ齧るので、木の下には花茎と共にオオコウモリのペリットも落ちている。 しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南大東島の鳥

貯水池が増えてあちこちにある。 その一つにソリハシセイタカシギがいた。足の届かない深いところは泳いでいた。 ダイトウコノハズクは夜あちこちからオスとメスが鳴き交わす声が聞こえる。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セピロクの鳥

ホテルの庭で見かけたミドリカラスモドキ。 Aplonis panayensis メグロヒヨドリPycnonotus goiavierもホテル周辺でよく見かける。 ホテルから歩いて行けるもう一つの施設Rainforest Discovery Centerのナイトツアーで見かけたつがいのタカ。最小のeagleといっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hooded Pita

夜のツアーで見せてもらったHooded Pitaはホテルの裏庭?に営巣していた。部屋の前でAsian Glossy starling鳥の写真を撮っていたら、「Pitaの写真を撮るか」と呼ばれて見せてもらった。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セピロクの鳥たち

成田を出発する日の午前中に台風18号が通過したのでどうなるかと思ったけれど、意外と順調に成田空港にたどり着いた。 飛行機は機体が2時間以上到着遅れの上、着陸・出発が台風で滞っていて滑走路が混雑して、結局3時間遅れくらいで離陸。 サバ州(マレーシアのボルネオ島北部の州)州都のコタキナバル到着は現地の23時35分、入国は書類書きもなしで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュウキュウコノハズク、アカショウビン

昼間ペリットやねぐらを捜していたら、リュウキュウコノハズク発見 公園のあまり人のこないところを歩いていたら、珍しくアカショウビンが開けたところにいた。 じっくり観察させてくれた。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズグロミゾゴイ、アカショウビン、キンバト

木立の下の暗がりにズグロミゾゴイがいた 道路脇の休憩所の植え込みにアカショウビンがやってきた。じっくり見られると嬉しいけれど、こういうところにとまっているのは絵にならない。 同じ植え込みの地面をキンバトがのこのこ歩いていた。 日本で見たのは、何十年ぶりかもしれない。オーストラリアとか東南アジアの国だとそれほど珍…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

石垣島のアカショウビン、シジュウカラ、ハシブトガラス、ズアカアオバト

ヤエヤマオオコウモリはたくさんいるけれど、雨ばかりで思うようの撮れないので鳥を あちこちでアカショウビンの声がする。君達が雨を呼んでいるのではないか 姿は木の間越しにちらりと 亜種イシガキシジュウカラはずいぶん黒い。 餌を加えたまま警戒するように鳴いていたのは、近くにいるオサハシブトカラスを意識していたのか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘラサギとヘラサギを撮る人たち

近所の伊佐沼にヘラサギが滞在中 ヘラサギを見に行ったというより、その近くで行われていた布資源回収の帰りによってみた 中州でコガモやカワウとともに休憩中 沼の畔は望遠レンズの行列 動き出すとカメラの列が一斉に活気づく にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョウビタキが来た

我が家のジョウビタキ初認は昨日10月29日、雌が来た ムラサキシキブの実を食べているようだ にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wildwood Parkのハゴロモガラス、コミュニティカレッジのウッドチャックとオジロジカ

チョコレートパークは興味がわかないので、近所のWildwood Parkという探鳥地にいく。 ハゴロモガラスAgelaius phoeniceusが、仲間どうしで追いかけっこをしたり、他の鳥を追い払っている。 中には、魚を持って飛んでいるミサゴを追いかけているやつもいる。と思ったら、オオアオサギArdea herodiasを追い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

クロコンドル

ニッカジャック洞窟前のコウモリ観察台で出巣を待っていたら、観察台のすぐそばの森の中を、ばたばたと羽音をさせてクロコンドルCoragyps atratusが2羽、枝から枝へ移動していく。近くで巣立ったのかもしれない。 いつもはミサゴが多いのだが、今日は湖の上もクロコンドルが何羽か舞っていた。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオアオサギ、ミサゴ、カナダガン

久しぶりに晴れ間が少し出たので、ニッカジャック洞窟のあるメープルビュー公園へ昼間行ってみた。 ニッカジャック湖の岸辺にオオアオサギArdea herodiasがたたずむ 湖の上をミサゴが何羽も飛ぶ 駐車場や草地にカナダガンが50羽ほどあがっていた。われわれが歩いて行くのを見て、湖上に移動した個体も多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッセル洞窟国定公園のカミツキガメほか

車で20分ほどのところにあるアラバマ州のラッセル洞窟国定公園へ行った 洞窟本体は川が流れ込んでいて入れず、入り口の先史時代の人たちの遺跡だけ公開している。天井にはコウモリではなくツバメ?の仲間が営巣していた。 洞窟本体の奥にはコウモリが多少生息しているらしいが、ここも白鼻症候群にやられている。 帰り道に、なにやら落ちて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Red River National Wildlife Refuge

夕方、近くのRed River National Wildlife Refugeへ出かける。 ビジターセンターは午後4時までと書いてあるのに、3時40分頃ついたらもう閉まっていた。 沼の周りの道を歩く 水没した枯れ木にサギやウがとまっている。 ちょっと開けたところに、バットハウスが設置されていた。ボーイスカウトの活動で今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コングレスアベニュー橋周辺の鳥

コングレスアベニュー橋周辺で見た鳥たち Austin American-Statesmanの駐車場でよく見かけるマネシツグミMimus polyglottos マネシツグミとよくけんかをしているのがオナガムクドリモドキQuiscalus mexicanus 巣立ちの時期なのか、若鳥をたくさん見かける とてもうるさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more