テーマ:

ロードランナー

朝、ハーツレンタカーから迎えが来るのをホテルのロビーでまっていたら、モーテルの駐車場を歩いて行く奴がいる アホの集落でも一度見かけたが、ロードランナーだ あいにくすぐに走っていってしまったが、モーテル裏の荒れ地にたくさんいるという。 ハーツで借りたのは、ツーソンで壊れたのと同じエクィノックスという車。昨日壊れたジープよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスズメはスーパーが大好き

以前ウォールマートの看板に営巣するイエスズメを見かけたが、この辺でよく見かけるFRY'S FOOD & DRUGというスーパーも、イエスズメにめいっぱい利用されていた。 鳥避けのトゲがたくさん設置されているのに、平然とイエスズメがとまっている。"S"も"&"も"G"でも、子育ての真っ最中 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サワロの実

サワロの実は鳥やクビワペッカリー、コウモリの貴重な食べ物。 熟すと赤くなって割れるはずなのだが、待ちきれないのかまだ外側が青い実がすでに穴を開けて食べられていた。 ちょうどやってきたサボテンミソサザイCampylorhynchus brunneicapillusは雑食性なので、こいつが食べたのかは不明。 にほんブログ村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツーソンとその周辺の鳥たち

騒がしくてずうずうしくてカラスを連想させるオナガムクドリモドキQuiscalus mexicanusだが、人のことをよく観察していて、こちらがじっと見ていると逃げていく。 サバクシマセゲラMelanerpes uropygialisは、比較的低いところに巣を作るが、こんなに低くて地上性の捕食者にやられないのだろうか 地面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アグア・カリエンテ公園の早朝探鳥会

ツーソンの町外れにあるRoy P. Drachman Agua Caliente Regional Parkという公園で毎週木曜日朝8時から行われる初心者向け探鳥会に参加。 地元のツーソンオーデュボン協会が行うもので、予約不要参加費なし。 おまけに終了後参加者は、公園売店のグッズが1割引になるとのことで、のぞいてみたらコウモリT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムナグロムクドリモドキ、ズアカカンムリウズラ、ノドグロハチドリ?

アメリカ東部ではやはりオレンジ色と黒が鮮やかなボルチモアムクドリモドキを見たが、アメリカ南西部にいるのは頭の黒くないムナグロムクドリモドキIcterus cucullatus 雑食性で虫も花の蜜も食べる ズアカカンムリウズラCallipepla gambeliiはつがいで砂漠を歩き回っているのをよく見かける オスは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サバクシマゲラ

サワロサボテンに穴を開けて棲むキツツキは2種類いる。サバクシマゲラMelanerpes uropygialisの方がよく見かける 子育ての真っ最中で、さかんに餌を運んでくる にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イエスズメ

どこにでもいるイエスズメPasser domesticus Walmartというチェーンのスーパーマーケットの看板に営巣中 両方の"a"の字に営巣中、この形が快適なようだ。ホシムクドリも乗っ取りたいのかにらみ合いをしていた 別のお店でも看板に営巣中 ここでは"a"と"e"を使用 走っている最中に、車の前部に虫が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夜の砂漠を飛ぶコアメリカヨタカ

日が暮れる サワロサボテンがシルエットになっていく やがて月が昇る もうすく満月だ 夜鷹が虫を追って飛び回る。似たようなのが2種類いるのだがコアメリカヨタカChordeiles acutipennisのように見える 近くに来ると、虫をとったり、時には逃げられているのが、見えることがある 月夜によく似合うけれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シラコバト、ハジロバト、ヒメコンドル、サワロサボテン

シラコバトSteptopelia decaoctoは移入種。町中で見ることが多い 砂漠に多いのはハジロバトZenaida asiaticaサワロサボテンのてっぺんにとまっているのをよく見かける サワロ国立公園はツーソンの町を挟んで東部と西部にわかれている。どちらもサワロサボテンが林立する砂漠だ。 西部劇になりそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソノラ砂漠博物館とその周辺の鳥ほか

このあたりの動植物や砂漠の成り立ちを紹介したソノラ砂漠博物館へ行ってみた。 周囲はサボテンの立ち並ぶ乾燥地帯 サワロサボテンは今が花の盛り アメリカ中にいるショウジョウコウカンチョウCardinalis cardinalisも見かける。 似ているけれど、こちらは西部に分布するムネアカコウカンチョウCardinalis…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メキシコマシコ、ニシタイランチョウ、ウロコウズラ

モーテルの前の荒れ地にイエスズメの他いろいろな鳥が来る メキシコマシコの♂Haemorhous mexicanus ニシタイランチョウTyrannus verticalis 車で20分ほどの所にあるUte Lake Stete Parkへ行ってみた。日帰り利用は5ドル、キャンプもできる。ペットはつないでいれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンビタイランチョウ、オナガクロムクドリモドキ、シチメンチョウ

ニューヨークあたりでは、黒くて騒がしいオオクロムクドリモドキをよく見かけたが、ここチャンドラーには更に大きくて下向きにカーブした長い幅広の尾羽を持つオナガクロムクドリモドキQuiscalus mexicanusがたくさんいる。立派な尾が重そうだ。 近所のBell cow lakeの駐車場でこれまたりっぱな尾を持った鳥がいた。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鳥とコウモリ

モーテルのすぐ近くにあるライオンズクラブパークを散歩 ミズーリ州の州の鳥ルリツグミSialia sialisが木立の中にいた 木立の中にオレンジと黒のあざやかな鳥がいた ボルチモアムクドリモドキIctgerus galbulaだ 芝生を歩くのはコマツグミTurdus migratorius 開けた草地に集合巣箱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレスク・アイル州立公園の鳥、リス、花

エリー湖に着き出した半島、プレスク・アイル州立公園へ行く トウダイグサの仲間だろうか、黄色い花が咲いている レンジャーセンターはあいてなかったが、入り口の餌台に鳥がたくさん来ていた アオカケスCyanocitta cristata アメリカアカリスTamiasciurus hudsonicusも餌台に来ていた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再びFive Rivers environmental education centerへ

昨日休みだったFive Rivers environmental education centerへ再びいく ここは2009年に訪れたときに,敷地内に経つ納屋から飛び出すコウモリの観察をしたのだが,そのとき白鼻症候群でかつてたくさんいたトビイロホオヒゲコウモリが激減してしまったという話を聞いた 今はどうなっているかを聞いてみた.ここ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

更にぼろぼろになったノスリ

4日前と同じ場所に行ったら、やはりノスリがカラスに追われていた。 目の前にとまって一休み 飛び立って羽を広げたところを見たら、こんなにぼろぼろになっていた 電信柱の横棒にとまって一休みしているノスリの、頭上の電線にカラスが次々集まってきて、とうとう50羽ほどになった 時々近くをかすめるように飛んでノスリにプレッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノスリとカラス

暖かく晴れた一日 空にはノスリが飛ぶ カラスがしつこくちょっかいを出す 背中に回ってつついているように見える。ノスリの翼や尾の羽が抜けているのはカラスのせいだろうか 夕方は本格的にコウモリが飛ぶ にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

久米島のノビタキ

またまた南の島のイメージと合わない鳥に出会った ノビタキも夏の北海道の鳥というイメージだったのだが、越冬でこちらに来ているのだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久米島の生きものたち

阿嘉のヒゲ水という名所に向かって階段を下りていくと前方で動いたものがいる。 キノボリトカゲが階段の垂直面にへばりついていた。 保護色で絶対見えてないと思っているのか、間近に迫っても逃げない イルカンダの花は、春に咲くものと思っていたが、なぜか咲いているのを見つけた。 夕暮れ時、空を見ていたら、ギンムクドリが50羽ほど…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

渡名喜島の鳥

島の南部は標高150mくらいの山がいくつかあって、起伏がある。 午前中はよく晴れていて、猛禽類が飛んだ。 ミサゴが2羽、上昇気流に乗って追いかけっこをするように飛ぶのは、繁殖行動だろうか ハヤブサは、ミサゴと牽制し合うような動作をして飛んでいた 南国で会うと、これだけ特徴的な鳥でも「なんだっけ???」と考え込んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡名喜島

過去二回、行こうとしては台風や低気圧の接近であきらめた渡名喜島へやっとこられた。 500人足らずの人が港の周辺に集まってすんでいる。集落の中はフクギの生け垣が美しい。夜にはメイン通りはライトアップされる。 集落近くの丘の上に、わき水を利用した6畳ほどの田んぼがある。 近寄ってのぞいてみたらシリケンイモリがたくさんい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ粟国島

昨日沖縄本島に帰るはずが2日続けて船が欠航になったので、まだ粟国島滞在中 しかし、空も強風が吹き荒れているのに、9人乗りのプロペラ機BN2アイランダーは臨時便も出たようで4往復もしていた。 強風の中島内散歩していたら、ヒレンジャクが一羽いた。あいにく写真は撮れなかったので代わりにジョウビタキの♀ 冬のジョウビタキは♂♀…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

帰宅

ブナケン島から帰宅しました 宿の前の海に干潮の時に来たチュウシャクシギ にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブナケン島にて

インドネシアスラウェシ島沿岸のブナケン島に昨日夕方到着 今のところコウモリは泊まっているコテージの前を日没後に一頭通過しただけ 泊まっているリゾートの周辺や裏の集落ではリュウキュウツバメをよく見かける
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空を飛ぶものたち

今日は快晴、真っ青な空をトビが飛ぶ 波状飛行で翼を閉じた瞬間のヒヨドリ シメも飛ぶ でもバードウォッチングに来たわけではないのだけど こんなのも飛んだ 結局目的のものは飛ばなかった にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜のお食事中

ただいまモモタマナの実をお食事中 オオコウモリを観察していたら電線にやってきたアオバズク にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤコカナヘビを食べるチュウサギ

船で15分ほどの大神島で チュウサギがなにやらくわえているのを発見。ミヤコカナヘビのようだ。トカゲもチュウサギのくちばしに長い尾をぐるぐる巻き付けて必死で抵抗 チュウサギはカナヘビのしっぽをふりほどいては、なんどもくわえなおす。カナヘビも必死にチュウサギのくちばしに絡みつく 5分くらい格闘した後、カナヘビは絡み…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クロハラアジサシ

クロハラアジサシが近所に来た 20羽ほどいただろうか。 水面から何かをすくいとったり、ダイビングして小魚を捕らえたりしていた。 夏は名前の通り腹も黒いけれど、冬羽にかわりかけている 頭も夏は黒いはずだが、ごま塩になっている 時々杭にとまって休む。杭の近くの岸辺にはバードウォッチャーがたくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイタカシギ

埼玉県熊谷市の道路脇休耕田でセイタカシギを見かけた にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more