テーマ:泊まるところ

ブッシュキャンプ

ドライアンドラ森林公園の中にあるキャンプ場に泊まる。キャンプ場はトイレがあるだけで水も電源も一切ない。各サイトにたき火をする場所があり薪まで用意してあったが、夜遅くまで動物を探して走り回っていたので、使う時間がなくて残念。外灯もまったくなく、少し離れたところにあと二組いるだけなので、夜はほんとうに真っ暗で静かだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポストマンコテージ

今回は猫を置いてきたので、島の西の端、フェリーが着く場所とは反対側にあるフリンダーズチェイス国立公園のなかに泊まることにする。 国立公園の入り口近くに、開拓時代の物と思われる石造りのコテージを改装した宿泊施設が2つある。そのうちの一つポストマンコテージは、島の中心キングスコーテから100kmほど離れたここまで郵便配達に来た人が泊ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャラバンは無事

6晩預けたキャラバンに恐る恐る入ってみた。心配したようにアリに占拠されてたりもせず、熱気がこもっている以外は異常ない。 バッカスマーシュキャラバンパークのご主人は「気にしなくていいよ」といって、6日間の預け料金を取らなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャラバンを預ける

だいたいのキャラバンパークが、われわれのようにキャラバンを置いてどこかにいってくるとか、家にスペースがないとかいう人のために、キャラバンを預かってくれる。 電源や水道のないキャラバン預かり専用の場所がどこかキャラバンパークの隅の方にあって、値段は都会近くなら一週間35ドルとか、ここバッカスマーシュのような田舎なら10ドルとかだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本へ帰る

所用があって明日から6日ほど日本に帰ることになった。この先まだまだ4ヶ月も旅は続くので、キャラバンパークにキャラバンを預けてBoarding Catteryに猫を預けての帰国だ。 キャラバンは電源サイトではなくて預かり用の場所に移動するので、電気が使えない。キャンプキッチンがあると共用冷蔵庫があるものだが、あいにくここバッカスマー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホットスパ

各地のキャラバンパークで、よく宣伝文句としてあげられているのは、無料バーベキュー場、充実したキャンプキッチン、プール、子供の遊び場、大きな画面のテレビ、スパ、海や川に直接アクセスできることなどなど。 ここパークレーンキャラバンパークには、室内ホットスパがある。あまり利用している人はいないようなので、入ってみた。ガラス張りの部屋のド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日

クリスマスから1月半ばまではどこも込むよと、あちこちで脅かされて、なるべく混みそうにないところを選んだおかげで、泊まるところはどこもがらがらだ。 12月22日から27日朝までいたベナラは、メルボルンの北180kmくらいの町で、ここはクリスマスを自宅で過ごした後に来るところのようだ。チェックアウトの時に聞いたら、今日から混み始めると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じキャラバンパークの中でサイトを動く

どこかに向かう中継地点の場合は、一泊だけだが、新しい滞在場所についたらまずは2泊で受付して、動物や鳥のいい観察地があるようだったら更に連泊を申し出るという形で気ままに旅行している。キャンセルしても一度払ったお金は戻ってこないので、面白い場所かどうかわからない時点ではこの方が合理的である。空いているキャラバンパークなら何の問題もないのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ensuite site

キャラバンパークには、通常の電源付きサイトよりも4-10ドル高いEnsuite siteというのがある。通常のサイトだとトイレ、シャワーは共用だが、Ensuite siteはサイトに専用の小さなトイレ、シャワーがついている。 メルボルン近郊ジロングのエルドラドキャラバンパークは、サイトがすべてこのEnsuiteだというのが売り物で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼きうどん、たき火で鶏の煮込み

バーベキュー用のRissoleというハンバーグみたいなのを昨夜は焼いて食べた。6個入りパックで、あまった2つを今日はほぐして焼きうどんにして食べる。 キャラバンの各サイトで、たき火できるようになっていたので、夜は久しぶりに火をたいて、鉄鍋で鶏の煮込みをつくる。 お年寄りばかりのキャラバンパークが多いけど、ここはブリズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じキャラバンパークに泊まる

ブリズベーンに到着。前回と同じデュラック・ガーデン・キャラバンパークに泊まる。受付の人も、サイトを案内してくれるおじさんも、我々のことを覚えていた。 せっかくだから別のキャラバンパークをと思ったのだが、都市周辺はペット可のところは非常に少なく選択肢が限られてくる。一つ電話してみたのだが、空いてなかったので結局こことなった。前回もブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビロードヤモリ、ブロークンリバーマウンテンリゾート

ちょっと奮発して、一泊だけブロークンリバーマウンテンリゾートに泊まる。いちばん小さいPlatypus lodgeは日曜から金曜までは一泊95ドルだが、土曜日は110ドル、祭日はなんと220ドルになる。それほど高級な部屋ではないのだが。小さなキッチン付きで、食器や調理用具も揃っている。 ここの観察会のガイドをしているウゴさんが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バットホスピタル

このあたりには噛まれると神経がやられてしまう毒をもっているダニがいて、アサトン高原トルガに塒をとるメガネオオコウモリも、このダニにやられて死んでしまう。ダニで親を亡くして孤児になった子コウモリや、鉄条網にひっかかって翼を怪我したオオコウモリなどの手当をする、バットホスピタルという私営の施設が、アサトンの近くにあり、ここは宿泊もできる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方向転換

ここ2,3日は涼しいのだが、今度の火曜あたりからまたかなり暑くなるらしい。このあたりの冬はもう終わりのようだ。 このままノーザンテリトリーから西オーストラリア州のブルームへと抜けるには、クロンカリーなどの内陸の暑い地域を1500キロ以上通り抜けなければならない。いろいろ方策は考えたのだが、車の冷房の調子が悪い中、暑さに弱い老ネコを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gregory Downsのミドリコバシミツスイ

Gregory Downsは河原に勝手にキャンプできるようなことをロンリープラネットには書いてあったけど、一応河原は禁止で、河原の上の道路脇の空間にキャンプするようにとの立て看板があった。でもそちらは暑いので、河原に泊まっているキャラバンが10台近くあった。ガイドブックには書いてなかったけれど、商店がお店の裏にパワーサイトをつくって泊め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は休養日 洗濯をする

キャラバンパークには必ずコインランドリーがあり、乾燥機もあるし洗濯物乾し場もある。洗濯機は1回3ドルというところが多いが、いちばん安いKingfisher Parkは1ドル60セントだった。 オーストラリアでどこの裏庭でも見かける、この物干しは、ヒルズホイストというそうだが、一辺が4mくらいあり、干すときくるくると回転させることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デインツリー

デインツリー川はフェリーで渡る。車は8ドル、キャラバンなどの5m以下のトレイラーは3.5ドルなので、11.5ドル。フェリーといっても、ちゃんとした船の形をしているわけではなく、鋼鉄製の3車線の短い道が川の上をいったり来たりしているような物だ。マイクロバスやキャラバンなど大きな車は真ん中の車線を利用する。 18kmほど走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無料キャラバンパーク

疎林と牧場地帯の中にある小さなMt Molloyの町には、レストエリアがあって、48時間まで滞在できるので、いつもたくさんキャラバンが泊まっている。電源や水道はないけど、トイレはあるし、木立の中の気持ちのいいレストエリアだ。幹線道路にも似たようなレストエリアがあるけど、普通は20時間まで、すなわち一晩だ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ガマグチヨタカの夜

夕食の後かたづけをしていたら、オーストラリアガマグチヨタカが今日もすぐ近くの木に飛んでくるのが見えた。今日は割と低い木に止まってくれた。写真の準備をしていたら、なんともう一羽飛んできて、二羽で木化けしてしまった。 左隣のキャラバンの向こう側にあるキャンプキッチンで、昨日のイギリス人カップルと、左隣のキャラバンの夫婦と、右隣のキャラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャラバンパークいろいろ

だいたい今まで訪れたキャラバンパークは、平均シニア度80%くらいだろうか。週末や学校の休みの時期には、家族連れが結構来るけど、平日はお年を召した退職世代の割合が多い。Sarina Palms Caravan Villageなんかはシニア度100%で、パーク内にお茶が飲める場所があって、ちょうど目の前のサイトにいたのだが、ここによく15人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノドグロモズガラス

クイーンズランド中部のブルースハイウェイ(ニューサウスウェールズから来たパシフィックハイウェイこと1号線がここではそう呼ばれる)には、時々広いレストエリアがある。キャラバンやモーターホームを停めて側面のひさしをおろして、くつろいでいるひともよく見られる。今夜はここに泊まるのだろうか。トイレもあることだし、ノンパワーサイトに泊まるくらいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隣のキャラバン

大型のキャラバンが植え込みを挟んで隣の区画に入っている。ともかくでかい。うちのキャラバンと比べると、長さで3倍以上、床面積で言えば5倍くらいはあるな、なんて話していたら、出窓の親分みたいなのが2カ所脇に張り出してきて、その出っ張り部分だけでちょうど我々のキャラバンと同じくらいありそうだ。 我々はテントの親分を引っ張っているようなも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンバーフォーティーン

泊まったのはカトゥーンバの駅に近いナンバーフォーティーンという、ツイン、タブルとバンクルームが計10部屋ほどのこぢんまりとした自炊の宿だ。フロントの空いている朝と夕方の時間帯以外に来た場合は、横のドアから勝手に入り、フロントのホワイトボードで自分の部屋を確認して部屋に入る。予約しておけばちゃんと鍵はドアに差してある。 ダブルは59…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お隣のキャンパー

お隣は4WD車で牽引するキャラバンにすむ老夫婦。我々ももっと小さいものになるけどキャラバンと4WDの車を買おうと思っているので、興味津々。 どうやら出発するらしく、ご主人が外回りを片づけているので、声をかけてみた。 お二人はタスマニアにすてきな家を持っていたけど、37歳から48歳までいる4人の子供たちはとうに独立してオースト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

A-Vina Van Village

猫の検疫期間が30日あるため、この間シドニー周辺に滞在することとなる。宿は4月に下見に来たときに泊まったA-Vina Van Villageの、トイレなしシーツ毛布等なしシャワーなしの週250ドルのキャビンに泊まる。トイレもシャワーもキャビンからはほんの30mほどのところにあるので、特に不便ではないが、オーストラリアはこれから冬なので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more