テーマ:アメリカ

アメリカのエコバッグ

オーストラリアではスーパーマーケットでの買い物にエコバッグを使う人をよく見かけた。一つ99セントのエコバッグを何枚か購入して、6年たった今でも少々くたびれてはいるけれど、買い物に使ったり、調査撮影道具を入れたり、車の荷物を整理するのに使ったりと、重宝している。 アメリカでもエコバッグは売っているけれど、利用する人はそれほどいない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後まで車は災難

書き忘れたけれど、6台目の車に替えた翌日の7月13日、ペンシルバニア州ハリスバーグからニューヨーク州オーバニーヘ向かう途中、今度は隣のレーンを走っていたトレイラーが落とした砂利で、フロントグラスにひびが入った。 対向車ではないので、前回よりはずっと小さいひびではあるけれど、最後にニューアーク国際空港でレンタカーを返却するときにまた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰国しました

無事帰国しました。 6台のレンタカーを乗りついで1万マイル走行 2回も車が壊れて、コウモリ情報を得ていながらあきらめたところもあるので、いつかピンポイントで訪れるかもしれないけれど、とりあえずアメリカに満足 北東部は白鼻症候群にやられて、今ひとつだけれど、アメリカ全体ではコウモリもコウモリ行事も多くて楽しかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tawasentha Parkの納屋から飛び出すコウモリ

ファイブリバーのコウモリカウントのメンバーから,コウモリがたくさんいると聞いて,Tawasentha Parkの市民農園入り口にある納屋に,日没時に行ってみた. 空にはあと2.3日で丸くなる月 納屋の屋根の下の隙間から次々出てくる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチ,ワタオウサギほか

近所のThatcher Parkのビジターセンターに,蜜蜂の巣を,透明パネルの間に作らせた展示があって面白かった.巣はパイプで屋外につながっていて,野外で蜜や花粉を集めてきた働き蜂が,巣にたくわえたり,子育てする様子や,女王蜂が見られる. 公園には鳥の巣箱と共に,コウモリ巣箱も設置されていた.まだ誰も利用していないが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウモリの出巣カウントに参加

5月に訪れたFive River Environmental Education Centerに,夕方納屋から出巣するコウモリを見に行った.日没近くなったところで,急に車が5台ほどやってきた.5月に来たときにビジターセンターで話をした,ここの職員のキティさんとボランティアが7,8人いる.6月半ばから2週間に一度,出巣するコウモリのカウン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wildwood Parkのハゴロモガラス、コミュニティカレッジのウッドチャックとオジロジカ

チョコレートパークは興味がわかないので、近所のWildwood Parkという探鳥地にいく。 ハゴロモガラスAgelaius phoeniceusが、仲間どうしで追いかけっこをしたり、他の鳥を追い払っている。 中には、魚を持って飛んでいるミサゴを追いかけているやつもいる。と思ったら、オオアオサギArdea herodiasを追い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

6台目のレンタカー

ペンシルバニア州ハリスバーグに到着 モーテルにチェックインするときに、ハーシーパークにいくのかと聞かれて、理解できずにいたら、地図を出して教えてくれた。この町に隣接するハーシーは、あのチョコレートのハーシーの本拠地で、ハーシーチョコレートパークというテーマパークがある。チョコバーの制作体験とかできるそうだ。 実はここは、最後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライブスルーのATM

アメリカにはドライブスルーのATMもよくある。 いつもはスーパーマーケットに買い物に行ったついでに店内のATMでおろしているのだが、今日いったスーパーマーケットにはATMが見あたらなかったので、同じショッピングセンターにあるドライブスルーのATMを利用してみた。 とはいっても、慣れないので使いにくくて、結局車から降りて操作をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと一息

バージニア州ウィズビル滞在中 この前のテネシーもそうだが、天気が悪いせいか、気温が30℃を越えることもなく涼しい日が続いている 日本に帰るとつらいかも グーグルマップが2ページになってしまってうまく地図に表示されないので、kmlをグーグルアースに表示させて、画像を切り取ってみた。ちょっと見づらいけど、今までのルートと滞在地 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロコンドル

ニッカジャック洞窟前のコウモリ観察台で出巣を待っていたら、観察台のすぐそばの森の中を、ばたばたと羽音をさせてクロコンドルCoragyps atratusが2羽、枝から枝へ移動していく。近くで巣立ったのかもしれない。 いつもはミサゴが多いのだが、今日は湖の上もクロコンドルが何羽か舞っていた。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子レンジ料理

電子レンジでつくった料理 メインディッシュは豚の味付けあばら肉。カリフラワーとブロッコリーの小房を袋詰めで売っているので、トマトを足して電子レンジで熱してつけ合わせに。 ご飯を炊くときにマッシュルームと塩漬け肉(ホットビスケットにはさむものらしい。沖縄のスーチカーに似ているが脂身はほとんどない)を混ぜてピラフ風に。昨日と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオアオサギ、ミサゴ、カナダガン

久しぶりに晴れ間が少し出たので、ニッカジャック洞窟のあるメープルビュー公園へ昼間行ってみた。 ニッカジャック湖の岸辺にオオアオサギArdea herodiasがたたずむ 湖の上をミサゴが何羽も飛ぶ 駐車場や草地にカナダガンが50羽ほどあがっていた。われわれが歩いて行くのを見て、湖上に移動した個体も多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッセル洞窟国定公園のカミツキガメほか

車で20分ほどのところにあるアラバマ州のラッセル洞窟国定公園へ行った 洞窟本体は川が流れ込んでいて入れず、入り口の先史時代の人たちの遺跡だけ公開している。天井にはコウモリではなくツバメ?の仲間が営巣していた。 洞窟本体の奥にはコウモリが多少生息しているらしいが、ここも白鼻症候群にやられている。 帰り道に、なにやら落ちて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sauta Caveから出巣するハイイロホオヒゲコウモリ

洞窟から出巣して、洞窟前の森のギャップを旋回しながら上昇していくハイイロホオヒゲコウモリ 画面の一番下に洞窟の入り口がある。入り口からちょっと入ったところに、バットゲートといって、コウモリは通れるけど人が入らないように、金属の棒を横に何本もわたした障害物がある 暗いので全画面表示にしてやっとわかる程度です。 洞窟内は、白鼻症候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sauta Caveのハイイロホオヒゲコウモリ

車で50分弱のところにあるSauta Caveにもハイイロホオヒゲコウモリの繁殖コロニーがある。雨が降っているのと森の中の洞窟なので、日没前でもかなり薄暗い 日没ちょっと前からハイイロホオヒゲコウモリが飛び出してくる 洞窟の前の森のギャップを旋回しながらだんだんのぼっていき、森の上にでて採餌に行く 今日は独立記念日。帰り道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子レンジ料理

通常のモーテルは、冷蔵庫と電子レンジだけ設置されていることが多い そんなときの料理 ご飯は、日本から持参した電子レンジ用のプラスティックのお釜で炊く。電子レンジで温めるだけの調理済みの肉がいろいろある。今日はビーフストロガノフ。生のブロッコリーとカリフラワーの小房の詰め合わせを電子レンジで調理してつけあわせ。コーヒーメーカーがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイイロホオヒゲコウモリ

ミシシッピー州メリディアンからアラバマ州をぬけて、ジョージア州も少しだけ通って、テネシー州のキンボールに到着 近くにはハイイロホオヒゲコウモリMyotis grisescensの生息する洞窟がある。日没後出巣していくところを観察 かなり暗くなってから飛んでいく あたりは、強い光を出すホタルが飛び交っている。 にほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BCI訪問ほか その5

29日(土)朝9時、タトルさんの住所をナビに入れてたどりついたのが、塀で囲まれた住宅街の門の前。ゲートにある装置の♯を押すと、各住民の名前と番号のようなものがでてくるのだが、タトルさんの名前は出てこない。ちょうど出てくる車が一台あって、運転していた女性が、入れと手で合図している。見ると入り口側のゲートも開くところだった。おかげで入ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミシシッピー州へ

ルイジアナ州シュリーブポートからほぼ東に500kmすすんでミシシッピー州のメリディアンへ このへんは、沼地が結構多い。よどんでほとんど流れてないように見えるBayouも多い 州境はミシシッピー川 州間高速道路が通る橋の隣に、趣がある橋が通っていた。 にほんブログ村にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Red River National Wildlife Refuge

夕方、近くのRed River National Wildlife Refugeへ出かける。 ビジターセンターは午後4時までと書いてあるのに、3時40分頃ついたらもう閉まっていた。 沼の周りの道を歩く 水没した枯れ木にサギやウがとまっている。 ちょっと開けたところに、バットハウスが設置されていた。ボーイスカウトの活動で今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BCI訪問ほか その4

ダイアンさんのお宅に予定通り5時に行くと、ご主人のリーさんが、「5時に来ると聞いていたので、3時に来たから驚いたよ」と、のんびりいわれる。「今5時ですけれど・・・・・」どうやらお宅の時計が止まっていたようだ。どことなくヒッピーがそのまま歳をとったような、ひょうひょうとした雰囲気のご主人だ。まもなくダイアンさんも帰ってきて、裏庭のコウモリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた車の受難

10泊したオースチンをあとにして、530kmほど北東にすすんだルイジアナ州シュリーブポートへ向かう。 途中Jewettという町の手前で、走行中突然バチンという大きな音がした。しばらく何が起こったのか理解できなかったが、ふと見るとフロントグラスの隅にひびが入っている。対向車が石をはねたのだろう。視界に支障がある場所ではないので、その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BCI訪問ほか その3

28日(金)朝9時過ぎにBCIオフィスに行って、小会議室で第三代会長アンディ・ウォーカーさんに挨拶。しばらく話をする。 そのあとBCIのコウモリ写真ライブラリに興味があったので担当者とも話をする。 ここでタトルさんと待ち合わせをしているという事情を説明して、お昼前までBCIの会議室に居させてもらう。BCIのWifiも使わせてもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オースチンでの自炊

オースチンも結局10日間滞在した。台所付きのモーテルなので、スーパーで食材を仕入れて自炊をした。一番近いのはWalmartという全国チェーンのスーパーだが、HEBというテキサスとメキシコに展開するスーパーも近所にあり、こちらの方が食品部門は豊富で気に入っている。 ソーセージを焼いてみた アジア食品のコーナーで豆腐のインス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BCI訪問ほか その2

26日(水)はブラッケン洞窟の観察会、27日(木)は特に予定がないので、夕方からコングレスアベニュー橋のメキシコオヒキコウモリを見に行く。 ダイアンさんというBCI職員を通じて問い合わせてもらった、あるコウモリ保護施設の話はダメになったとの連絡があった。マーリン・タトルさんにお会いできる話は連絡がまったくないので、たぶんお忙しいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BCI訪問ほか その1

コウモリの情報を得るために、2011年にフィリピンで知り合った、Bat Conservation International(BCI)のデイブさんと連絡を取った。6月下旬に、ブラッケン洞窟とコングレスアベニュー橋を見にオースチンへ行くといったら、BCIの新会長やスタッフに紹介するので、オフィスにいらっしゃいといわれた。デイブさんの都合が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラッケン洞窟の出巣

昨日のブラッケン洞窟の出巣の動画 最初の出巣があまりにも早く、おまけにコウモリの飛行ルートにいたので、めいっぱいビデオをワイド側にしてもこんなになった。コウモリは参加者の頭上を越えていった。 出巣中の群れをアップにしてみた 半周回って洞窟の入り口が見える側からの映像 2度目の出巣は日没ちょっと前 ビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more