御山からの展望、渡ってきたアサギマダラ、オオコウモリ撮影

悪石島最高峰の御山に登る。標高はわずか584mだが、本土の山なら麓もそれなりの標高からスタートするのだが、島の山というのは、海抜ほとんど0mから登らなくてはならないので、けっこう厳しい。ちなみに十島村最高峰の中之島の御山(979m)は、今回の滞在中は途中まで登って挫折した。2時間かけて登った頂上は、360度の展望がすばらしく、多少ガスってはいるものの噴煙を上げるお隣の諏訪之瀬島がよく見え、ちょうど諏訪之瀬島を発ってこちらへむかってくるフェリーとしまも見える。
画像

来年の皆既日食は、この悪石島が皆既日食継続時間が6分25秒と最長となるはずだが、晴れていればすばらしいショーとなるだろう。

途中の斜面で渡りをする蝶アサギマダラを見る。おとといのリュウキュウアサギマダラよりも一回り大きく、網目模様もリュウキュウアサギマダラよりも大きい。羽がぼろぼろなのは、長距離を渡ってきたのだろうか。
画像


夜はいつもの上集落で観察。通りかかった車に乗せてもらってラッキー。今日はなかなか現れないのでもう少ししたら帰ろうかと思いながら上を照らしてみたら、いつのまにか静かにとまって休んでいた個体がいた。沖縄のクビワオオコウモリと違って、こちらのはほんとうに静かで気配があまりない。10分間くらい動かないので、寝るのかと思っていたら、そばのオオイタビの実を食べ始めた。
画像

毎晩姿は見ていたものの、すぐに飛んでいってしまったのだが、最終日にやっと撮影できた。
画像

画像

明日宝島から戻ってくるフェリーとしまにのって、帰宅する

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック