Yellow Crazy Ant アシナガキアリ

アシナガキアリはクリスマス島に1915-1934年に移入され、なぜか90年代になってスーパーコロニーという女王が複数いる高密度のコロニーをつくりようになり、島の生態系に影響を与えている。

アカガニが渡りの時期にスーパーコロニーを通ると、興奮したアシナガキアリに蟻酸で殺されて大量に捕食される。アカガニは林の落ち葉や実などを食べるので、アカガニが減ると林の落ち葉が分解しなくなったり実生が増え、またこのアリはカイガラムシを好んで守るのでスーパーコロニーのあるところはカイガラムシも増殖して樹冠が枯れるなどさまざまなことが問題とされている。

関係は不明だが、このスーパーコロニーが進出した地域では、いろいろな在来の生物(鳥、マリアブラコウモリ)の減少が見られるという。

殺虫剤を空中散布したり、森の中に持ち帰りようのアリ駆除剤をたくさん設置してあるのを見かけたが、アシナガキアリは健在である。
画像


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 野生生物へにほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック